【内容紹介】
日本の大衆娯楽・パチンコ。100年以上にも及ぶその歴史を振り返ってみると、ターニングポイントとなるその時代の背景にはいつも規制があり、そして、それに伴う業界、各メーカー、各ホールの英知と創意工夫、パチンコに賭ける情熱と進化があった。本書ではその変遷を時代ごとに惜しみなく紹介。各時代ごとにパチンコを取り巻いたトピックス、時代を彩ったマシン全700機以上を掲載。また、『パチンコ必勝ガイド』ライター、識者のインタビュー、コラムも収録。
※本データはこの商品が発売された時点の情報です。


【この商品について】
ヨーロッパで生まれ、大正時代に日本に渡来。戦中は一時姿を消しながらも、終戦後に再び登場し、「大衆娯楽の王様」として、日本に浸透していったパチンコ。ヨーロッパでの遊技機も含めれば、は実に100年以上の歴史があります。ただし、その歴史は必ずしも順風満帆なものではなく、パチンコ業界と、そこに関わる数々の人たちが何度もの苦難を乗り越え、現在のゲーム性はもちろん、巨大産業となったパチンコの礎を築いたという知られざる経緯もありました。本書は、主に1910年から2017年までの107年のパチンコの歴史を、13時代に分けて追いかける事典です。各時代に登場した名機は、実に700機以上を掲載。カタログとしての見方もできるよう構成しています。コラム執筆者には、森本レオ子、ちょび、安田一彦、神保美佳といった『パチンコ必勝ガイド』ライター陣の他、パチンコ業界関係者が数多く寄稿。パチンコの歴史はすなわち、私たちパチンコファンの歴史でもあることを誌面の随所で感じとっていただける、永久保存版の1冊となっています。

アド・サークル(監修)
・資料協力パチンコ必勝ガイド()
出版社:ガイドワークス
ISBN:4865354840/9784865354843
発行年月:2017年03月


支払い・配送時期

商品代金の支払い時期や商品が配送される時期についての詳細情報
支払い・配送時期について詳細

【中古】afb_【単品】_“文学少女”と繋がれた愚者 (ファミ通文庫) _野村美月

大きい